Pancakebunnyがフラッシュローン攻撃で暴落、 保障の詳細について

Pancakebunnyでハッキングがあったのか、Bunnyの価格が暴落していました。

(というか、19-20日の仮想通貨全体の暴落はすごかったですね。私もけっこう損しました・・・)

しかし公式TwitterやMediumの声明によると、ハッキングではなくてフラッシュローン攻撃とのことです。

預けていたトークンが盗み出されたわけではない模様。

そして、保障の詳細についても発表されていました。

(英語が読めない人は、「Deepl翻訳」などにコピペして和訳するのもオススメです)

簡単に要点をまとめると、

1)90日間は、BunnyプールのAPRが強化される(保障の意味で)

2)また、被害発生時にBunnyトークンを持っていた人には、新たに「pBunny」というトークンが配られ、pBunny用のプールで保障がもらえる。
保障期間終了後には、pBunny→bunny トークンに変わるらしい

3)それとは別に、QFIの新トークンのエアドロップもある!

※QFIとは↓

プロジェクトQFIは、近い将来に開始される次世代の貸付プラットフォームになります。

との事です!

なので自分は、追加で購入してみました。暴落後は一時期10$を割っていましたが、今は40$後半まで回復しています。

多分ですが、ビットコインがゆっくりとでも回復してくれば、Bunnyも暴落前の水準ぐらいには回復してくれるんじゃないですかね?

しかも上記のような3つの特典もあるので、思ったより短期間に上がってくれるのでは?と思っています・・・

BunnyのTVLは、つい先日までは70億$ぐらいあったと思いますが、現在は12億ぐらいまで減少してしまいました。でも、BSCの代表的なPancakeswapが運営してるのだし、ここは簡単には潰れないだろうと思っています。

本当はもっと張りたかったけど、19,20日の暴落のダメージもあってそんなに思いっきりは張れませんでしたが、楽しみです。

※リスクあるので、投資はくれぐれも自己判断でお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました