プログラミング学習の状況とPHPについて(一旦Progateやめて今はPaizaやってます)

入院中に、Progateで勉強していましたが、HTML, CSS, Python, JavaScript, Ruby,幅広く色々やりました。そうはいっても色々ありすぎるので、全てを並行して習熟していくのはほぼ無理です。なので僕は、Rubyは深追いせず、Javaに次いで求人やフリーランスでの案件が多いというPHPを磨いていくことにしました。

(Pythonも本当はもっと深めていきたいのですが、ひとまず仕事につながりやすそうなPHPに絞っています。でも本当は、PHPは古い言語なのでこれからはPythonかなーと思っています)

Progateでは、PHPは1~4まであったと思いますが、2からクラスの事がメインになり、これが意外と苦戦しました。「オブジェクト指向」という概念でしょうか?2はなんとかクリアしたと思いますが、3と4は手を付けていません。PHPの最も基礎となる1は何度かやりましたけど。

スポンサーリンク

ProgateとPaizaの大きな違い

そして今、Progateを一旦解約してPaizaをやっている理由の一つとして、PHPの学習素材がより充実していたり、他にもセキュリティ講座とかLinaxの講座とかがあったり、スキルチェックだとか色々充実しているから、というのがあります。とはいえ、Paizaには何故かJavaScriptの教材が全くありません!

というか、Paizaではほぼサーバーサイド言語しか取り扱っていないようです。(一応、HTMLとCSSはありますが・・・)

PHPの「クラス」で苦戦!

また、今はそんなわけでPaizaでPHPを(まだ実力不足なので、入門者向けのから)やっていますが、「クラス」の所は非常にわかりづらく感じました。この辺は、Progateのスライド式の学習素材の方がマシだったように思います。(というか、ProgateでもPHPのクラスの所は苦戦したんですけどね!)

実際、オブジェクト指向の所でつまづいてプログラミング学習に挫折する人というのは多いらしい。

でも別に、ウェブサイトの制作案件を取るだけなら、PHPのクラスまでは理解していなくてもできる案件は多いので、ここは出来なくても仕事がないという事はないのでした。

でもせっかくここまでやってきて、ここで投げ出すのは勿体ないし、元学校の勉強はそこそこできた自分のプライドが許さない!! ・・・というわけで、ネットで分かりやすい解説サイト等も探して読みながら、必ずやこの分かりづらいクラスの所は乗り越えていきたいと思っています。

PHPでやりたい事

PHPでやりたい事もありまして、

  • WordPressで、テーマやプラグインの自在な編集、自作
  • Webアプリを作る:人の役に立つものを作ったり、自分の制作物としてポートフォリオサイトや面接等でもアピール材料にする
  • 掲示板を作ってみたい(あと、Twitterのボットを作ったり?色々応用して、何か金儲けに生かしたい(笑))

・・・などです。これらを実現するために、必ずしもクラスの理解が必要かどうかは分かりませんが、まあ出来た方が良いんだと思います。(あまりにも苦戦するようなら、一回そこはとばして、そのまま進めそうなら進もうと思います。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました