日本人はコロナウイルスに強い?理由を考察してみた

今、日本でもコロナウイルスの被害と対策で、経済も滞り、多くの人が心配な日々を送っています。

しかし、諸外国と比較すると、日本人の感染者数の増加速度や死亡者数は、かなり低い傾向にあると思います。その理由について思い当たるフシについて書いてみようと思います。

まず、海外にはうがいをする習慣がないと聞きました。

また、これはヨーロッパ在住の人から聞いた話なのですが、

医者や看護婦でも、トイレから出てきた後に手を洗わずに行ってしまうのだそうです。

彼(日本人です)はそれを見て大変ショックを受けたそうです。(私もビックリです)

日本では、手洗いとうがいの習慣は普通で、子供の頃からしつけられます。

なかにはあまりしない人もいますが、帰宅した時や食事の前など、一日に何度も手を洗い、うがいをする人が多いです。
特に、トイレの後で手を洗わない事は不潔だと思います。

また、湯舟にお湯を張ってつかるのも昔から日本人は好きです。

今は花粉症のシーズンという事もあり、マスクをしている人が多いというのもありますが、

こうして体を温めたり、清潔にする習慣の有無が、コロナウイルスへのかかりやすさを左右しているんじゃないでしょうか?

他にも、日本では土足で家の中にあがらない(玄関で靴を脱ぐ)のが昔から当たり前になっていますが、こうした習慣もばい菌やウイルスを寄せ付けない”清潔感”の一つと言えそうです。

そういえば、お尻を拭いた紙を流せる水洗トイレが普及している国は、日本と米国を除いてはほとんどないそうです。これもコロナウイルスの感染度合いに関係していそうです。

もしこれを読んでいる欧米の方がいましたら、参考になれば幸いです。

※せっかく海外に発信しようと思って英語で書いたんですが、何故か英語で書くと「返答が正しいjsonレスポンスではありません。」と表示され、記事更新ができなくなります。ネットで調べても原因を特定できない! WordPressなんだこれ!腹立つ(# ゚Д゚)凸

コメント

タイトルとURLをコピーしました