仮想通貨・現物投資のメリットと海外取引所の良さについて語ります

3/15の早朝と深夜に、ビットコインがよく分からない理由で急に1割以上も下落しました。その少し前にも急落したばかりです。私は、レバレッジをかけてやっていたので、あわや大損する所でした^^;

今回はTwitterでフォローしていた仮想投資のインフルエンサーの方々が注意喚起してくれていたこともあり、素早く対応(損切り)する事でなんとか大損は免れました。

ビットコインは、機関投資家も長期で見ればまだまだ上がるとか、年内にも1000万以上行く可能性が高い、といった見方も多く、ビットコインをガチホ(売らずに長期保有)するだけの戦略も有力なのですが、

仮想通貨自体ボラティリティが高い(値動きが大きい)投資なので、レバレッジをかけて持っていると、急落した時にロスカットされてしまう危険性が高くなってしまいます。

私なんかもそうですが、つい、「効率よくお金を儲けたい」という気持ちから、初心者なのについレバレッジをかけてやりたくなってしまうんですよね。

その結果、逆に損失を膨らませてしまうのがよくあるパターン。

「急がば回れ」と言いますが、現物取引の場合は、トロくさいようでやはりメリットも大きいのです。

スポンサーリンク

現物取引のメリット

①ロスカットの心配がない

目標の価格に到達するまでには、山あり谷ありです。
 ましてや変動幅の大きい仮想通貨ではなおさら。
 途中でロスカットされない事は非常に重要です。

現物投資ならロスカットという概念自体がないので、仮に価格が半分になってもそのまま持っていられるのでそのあと逆転するかもしれません。

②スワップ手数料もかからない

スワップ手数料とは、レバレッジ取引の場合にポジションを持っていると、毎日少しずつ手数料が引かれるのです。たとえばGMOコインなど日本の取引所だと0.04%/日ぐらいが多いですが、これでも一年となると約14%となり、バカにできません。

(でもバイナンスなど外国の取引所だとそれよりもさらにスワップ手数料が高かったりしますが、海外の取引所にはそれを上回るメリットもあったりします。この記事の後半で解説します)

国内と海外の取引所の比較(長所と短所)

海外の取引所の場合は、レバレッジのスワップ手数料(資金調達率)は1日3回、8時間ごとに徴収されますし、値動きの流れによって日々手数料が変動します。

あまり動きがない時は0.01%ぐらいのときもありますが、これでも1日3回取られるので日本の取引所と大差ありません。

また、値上がりしているようなときは、0.1%以上になっている時もあり、これが1日3回だと1日で0.3%以上も取られることになります。

短期間の取引なら大した事はないですが、数か月~年単位でポジションを持っていたい長期のスタイルだとこれがバカにならないのです。

その代わり、海外の取引所の方がトレード画面が圧倒的に使いやすかったりするので、一長一短ですね。

目的別・オススメの仮想通貨取引所!

短期~中期のトレードがしたい人向けの取引所

デイトレや短~中期のスイングトレードならば、スワップ手数料の負担も大した事はないので、トレード画面が使いやすい海外の取引所の方が良いでしょう。

また、海外の取引所だとレバレッジを最大50~100倍もかけられたりするので、最大レバレッジ4倍(2021年4月以降は2倍までとなる)の日本の取引所とは全く違います。

腕に自信があるか、運がよければこのハイレバを生かして一気に資金を何百倍にもできるかもしれません・・・。

しかも「追証」がないので、最悪でも口座残高がゼロで済みます♪

長期でのトレード向きな取引所について

また、長期保有のスタイルで仮想通貨をやりたい人は、レバレッジをかける場合は手数料は日本の取引所の方が安くなるはずです。ただ、トレード画面が使いにくいと感じるかもしれません。

 特にGMOコインは、出金手数料などが無料なのは良いのですが、トレード画面はめちゃくちゃ使いづらいので要注意です。(※個人の感想です)

(いくら数百円の手数料を節約できても、肝心のトレード時に不手際や誤操作があれば、簡単に数千円、数万円、人によってはもっと・・・吹き飛んでしまいますからね!)

注文のしやすさで言ったらコインチェックの方がマシかも。

海外の取引所でトレードを始めるまでの流れ

海外の取引所を使いたい場合、

アルトコインをやるなら数百種類もの銘柄を取り扱っていて色々なサービスが充実しているバイナンスは必須ですし、

ビットコイン取引ならトレード画面が最強に使いやすいBybitがオススメです♪

これらの海外取引所は、メールアドレスだけで口座開設が可能です!氏名すら不要です~

(日本の取引所だと住所、氏名、電話番号など色々個人情報を登録しないと口座開設できないので、この点も海外の取引所は良いですね! )

注意点

海外の取引所を使いたい人も、どの道最初は

 

①まず日本の取引所で仮想通貨を買い、
②それを海外の取引所に送金し、
③送金先の海外の取引所でトレードする

という流れが必要になるので、まず日本の取引所で1つは口座を作っておきましょう。

具体例)BybitでビットコインFXをやりたい場合

コインチェックなど日本の取引所で仮想通貨を買い、海外の取引所に送金する (★リップル(XRP)に両替して送金すると、着金も1~2分と早く、手数料も10~20円ぐらいしかかからないのでオススメ!

 →Bybitに着金したら、USDTに両替する

 →「USDT無期限」でトレードする(「USDT無期限」は、BTC(ビットコイン)の他, ETH(イーサリアム), BCH, LINK, LTC, XTZの6種類があります)

・Bybitの取引画面の例↓

①注文前/後でも、利食いと損切りのOCO注文が可能です。ポジションの一部のみなど、柔軟な発注もカンタン!この使いやすさに慣れてしまうと、日本の取引所がいかに不便か感じると思います・・・。

②が資金調達率(8時間ごとにとられる手数料)です。

 

まとめ

国内でオススメの仮想通貨取引所


コインチェック・・・取り扱い通貨数は国内で一番多く、ビットコイン等数種類の板取引も可能

GMOコイン ・・・取引所レバレッジが可能、出金・送金手数料が無料(トレード画面の使い勝手はあまり良くないかも・・・)

海外でオススメの仮想通貨取引所

以下の取引所は、メールアドレスだけでもすぐに口座開設・トレードが可能です!(大口以外は普通に出金も可能)

 バイナンス・・・数百種類の仮想通貨が取引可能な、世界有数の仮想通貨取引所。
現物、レバレッジの他、先物やステーキング等色々なサービスが利用できるのでほとんど登録必須と言って良いぐらい
(↑のリンクから登録すると、永久に手数料が1割引きになります!)

 Bybit・・・トレード画面が圧倒的に使いやすく、ビットコインFXやるならここがオススメ
(↑のリンクからBybitに登録すると、$10相当のBTCボーナスがもらえます)

        

コメント

タイトルとURLをコピーしました