仮想通貨で大損しないための基本戦術①欲張らない・焦らない

私は、仮想通貨の投資歴はまだまだ初心者レベルですが、これまでは為替FXや株価指数CFDなどをやっていた事があります。そこでは痛い目も見てきました。

そういった経験を通して、自分なりに気づいた事があります。それは、「基本的には限度額いっぱいまで張らず、常にある程度余裕を持たせておくのが良い」という事です。

具体例をあげると、投資資金が10万しかなかったとしたら、
「今が買い時っぽい」「早くお金を増やしたい」と思っても、とりあえず10万のうち4~5万までしか買わないでおいた方が良い場合が多い・・・という事です。

というのも、自分の予想通りに買った後すぐに思惑通りグングン上がってくれる事はまあ、確率で言ったら1/2か、初心者であればそれ以下になるかもしれませんよね。

それに加えて、これは仮想通貨市場に限った事ではありませんが、急にとびこんでくるニュースとかSNSのインフルエンサーの発言一つで大きく動くことがあるからです。

たとえばテスラの社長・イーロンマスク氏のTwitterでの発言(”ビットコインは高いように見える”、的な事をツイートした)は、2月のビットコインの急落につながったと言われています。(それでテスラ社の株式時価総額は一時的に1兆円以上もマイナスになったらしいです・・・w)

あと、仮想通貨の王様・ビットコイン(BTC)が急に上がったり(下がったり)すると、すべてのアルトコインはある程度ビットコインの動きに影響を受け、つられて動いたりすることもあります。

こういった事は、良くも悪くも働きます。

もし自分の思惑とは逆に、買った直後にバッドニュースが流れたりして仮想通貨が全体的に急落した、なんて時に、最初から持ち玉いっぱいに張っていると、ある程度落ちたところで『ナンピン』するとか、柔軟に動くことができません。

もし、3割も下落して大損してしまったようなときに、そこから徐々に回復してきたとします。その時、最初からいっぱいにポジションを持っていたら、そこで買い足したりする事ができませんよね。

ある程度経験もあり自信があるのなら話は別ですが、そうじゃなかったらあまり自分の力を過信せず、急いで儲けようとせずに一気に沢山買わずに、時間や日を分けて分散して買うとかした方が安定すると思います。

また、この作戦の一番のメリットは、なんといっても「心理的に安心できる」という点です。

あまり大きく張っていると、四六時中、相場の事が気になってしまいます。これは仕事などにも悪影響するでしょうし、常にお金の心配に縛られて不自由な状態なのでなるべくこうなることは避けたいですよね。

あまり欲張らなければ、もし損をしてしまった時もリカバー可能ですし、柔軟に動けるし、気持ちの面でも余裕が持てるというわけです。

参考になれば幸いです☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました